音声読み上げ機能TalkBackを使うための設定


2013年10月10日(木) 09:18:57

Androidでは、無料のTalkBack日本語音声エンジンを組み合わせることで、画面読み上げ機能を使用することができます。
ここではAndroid4.1以上での設定についてまとめます。
ただし、この操作は基本的に音声ユウザが自力で行うことは難しいです。
ここで説明する内容を参考にして、どなたかに作業をお願いしてください。
Android4.0についてはデカプーさん作成の
Androidスマートホン契約時、視覚障害者のための設定の手引き(PDF) 

Androidスマートホン契約時、視覚障害者のための設定の手引き(HTML)
をご覧ください。


端末を購入後、GoogleのIDやWiFiなどの初期設定を完了させておきます。

まずホーム画面のプレイストアより

ドキュメントトーカ for Android(990円)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.createsystem

ドキュメントトーカ けいこ(990円)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.createsystem.dtalkerttskeiko

ドキュメントトーカ たかし(990円)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.createsystem.dtalkerttstakashi


のどれかをダウンロードします。



ダウンロードしたドキュメントトーカについて、以下の作業を行います。

設定ユーザ補助テキスト読み上げの出力
と順にタップします。

画面にインストールされている音声エンジンの一覧が表示されます。
その中から
DTalker TTS xxx
をタップします。
警告メッセージが表示されますので
OK
をタップします。

DTalker TTS xxx
横のマークをタップします。
(音声ではエンジン設定を起動と読み上げられます)
音声データのダウンロード
をタップします。
データのインストールが終わると、先ほどの項目が
DTalker TTS xxxの設定
に替わりますのでタップします。
画面をスクロールさせて
字書の更新
をタップします。
更新完了後
サンプルを再生
で音声が出ることを確認しておきます。

もしも読み上げがない場合は、端末の再起動を行います。


ドキュメントトーカの準備が終わったところで、TalkBackを有効にする設定を行います。

ホーム画面より
設定 → ユーザ補助
とタップします。
表示されたメニューより
TalkBack
をタップし
OFF
の部分をタップします。
タッチガイドをON
しますか?
という内容のメッセージが表示されるので
OK
をタップします。

端末によっては、TalkBackがインストールされていないものもあります。
上記手順の途中でインストールに進めることもありますが、TalkBackの項目がみつからない場合はプレイストアより

TalkBack
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.marvin.talkback'

をダウンロードしてから、上記の手続きを行います。


TalkBackがONになると
タッチガイドチュートリアル
が開始されます。
これはTalkBackでの基本操作を案内するものです。
初めてAndroidを使用される方は、指示に従って一度操作方法を確認されることをおすすめします。
不要な場合は
終了
をタップしてキャンセルします。


これで基本となる設定は完了です。
画面の項目に触れると、その綱目が読み上げられるようになりました。






 次ページへ  前ページへ