[android:04790] グーグル翻訳を利用してOCR


2017/11/29 21:18:28

梅木です。
何時もお世話になります。
今回は、以下の環境で書類のOCR化が便利だったので、書き留めておきます。
使用 アンドロイドタブレット
ブレイルセンスプラス、
ジョイントラック用棚と、ポール4本
ソフトは、talkbackと、 brailleback評価版、
グーグル翻訳アプリです。
まず、OCR用として、
100円ショップのダイソーで、A4程度の大きさの、ジョイントラック用棚と、
32センチほどのポール4本、留め具4つを買いました。
(1000円足らず)
前もって組み立てておきます。
高さを自由に調節できることが便利であり、また、分解して出掛けるときに持ち歩けるので、これを選びました。
タブレットのカメラ眼の部分を棚の真ん中に置きます。
下に読みたい資料を置きます。
1、グーグル翻訳を開く。
2、カメラの所を指で探して、ブレイルセンスの点字表示のタッチカーソルを押す。
3、スペース+4を何回か押して、「スキャン」で、
タッチカーソルを押す。(スキャンが行われる)
4、下カーソルで「全て選択」に移動して、タッチカーソルを押す。
5、F2を押すと、読み上げて、点字表示されるので読む。

グーグル翻訳は、認識精度が高いのと、早いので、主にこれを使っています。
上記のように、最初に「カメラ」を選ぶときだけが指で画面をなぞらないと、いけないです。
あとは、ブレイルセンス側で操作できます。
資料がA4より小さいものは、高さを短くするか、中に箱でも置いて、近づけると、精度が上がります。
まだまだ工夫の余地はありそうですが、OCR化が安定してきたのが良いと思いました。
以上です。






 次ページへ  前ページへ     戻る