ニュース本文


 朴槿恵(パク・クネ)大統領(当時)に対する弾劾決議案が国会を通過した2016年12月。韓国紙中央日報は有力候補へのインタビューをはじめた。第1弾は文在寅(ムン・ジェイン)だった。

保守陣営猛反発

 記者 「あなたが大統領に当選したとしよう。そしていま、北韓(北朝鮮)も行けるし米国も行けるならどこへ先に行くつもりか?」

 文 「躊躇(ちゅうちょ)せず言いたい。私は北韓に先に行くつもりだ。ただ、事前にその妥当性について米国、日本、中国に十分説明するつもりだが」

 文のこの発言に保守陣営は猛反発した。かつての左派から保守に転じた元京畿道(キョンギド)知事の金文洙(キム・ムンス)は「国家の危機的状況下で親北朝鮮的な発言は自制すべきではないか」と文を批判した。

 4月19日のテレビ討論会で保守系の「正しい政党」候補の劉承●(=日へんに文)(ユ・スンミン)は文にこうかみついた。

 劉 「北韓はわれわれの主敵か」

 文 「それは大統領(になろうという人)が言うべきことではない」

 劉 「政府文書には北韓が主敵とされている。国軍(韓国軍)統帥権者になろうとするものがそれを言えないのか」

 04年7月11日、現職の大統領府社会文化首席秘書官だった文は2泊3日で北朝鮮を訪れた。公務ではなく「離散家族」の一員として北朝鮮にいる叔母、姜(カン)ビョンオクに会うためだった。

 朝鮮半島には、1950年に勃発した朝鮮戦争によって南北に引き裂かれ、生死すら分からずにいる離散家族がいる。2005年の調査では全体人口の1・5%、韓国だけで71万人いた。そのなかで親がまだ北朝鮮に残されている人は4万8千人、子息が北にいる人は7千人、夫、または妻と離れ離れになっている人も4千人、残りは親戚同士だ。

 新婚初夜、夫が戦場に駆り出され、互いの生死も知らずにいる夫婦もいる。



記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る