ニュース本文


 2017年12月に経営破綻したプラスワン・マーケティング(東京・港)の端末事業を譲り受け、新生「フリーテル」としてスマートフォン市場に進出したMAYA SYSTEM(東京・新宿)は、2018年2月9日に新製品発表会を開き、その経緯を説明した。同社はなぜ、あえて破綻したブランドのスマートフォン開発を手掛けるという決断を下したのだろうか。

フリーテルを引き継いだMAYA SYSTEMとは

 自社でスマートフォンを開発する一方でMVNO(仮想移動体通信事業者)として通信事業も手掛けるという独自の戦略と、有名人を起用したテレビCMをはじめとする積極的なプロモーション攻勢で注目されていたプラスワン・マーケティング。同社は2017年半ばから深刻な経営不振に陥り、同年11月に通信事業を楽天に売却。端末の開発に特化したものの経営を立て直すことはできず、翌12月には民事再生法の適用を申請するに至った。

 そのプラスワンからフリーテルのブランドを譲り受けたのが、MAYA SYSTEMだ。同社の設立は2007年で、当初はコールセンターを中心とした人材派遣業を手掛けていた。現在は人材派遣業をグループ会社のMAYA STAFFINGへと移管しており、MAYA SYSTEMの中心事業はITソリューション関連となっている。

 スマートフォンとはあまり関係がないようにも思えるが、社長の吉田利一氏によると、同社が端末事業を譲り受けたのにはモバイル、そして「eSIM」が大きく関係しているという。

プラスワン・マーケティングの端末事業と「FREETEL」ブランドを譲り受け、スマートフォン事業に進出したMAYA SYSTEM。左から2番目が社長の吉田利一氏だ。写真は2月9日の「FREETELプレスカンファレンス」より
[画像のクリックで拡大表示]
NEXT ▶eSIMでの協業から端末事業の譲渡に
<< Prev123


記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る