ニュース本文


スマホはiPhone、パソコンはMac、仕事先にはiPadを持参し、移動中はAirPodsで音楽を聴いているけど「別にアップル好きじゃないです」と言い張るライター伊藤朝輝がつづるアップルライフ。今回は、2組のAirPodsでいろいろ実験してみたというお話だ。

後から接続したほうが優先される

(イラスト/伊藤朝輝)
[画像のクリックで拡大表示]

 新品の「AirPods」と、右耳用の本体がない「AirPods」の“2台持ち”になったので(関連リンク:【悲報】愛用のAirPodsを片っぽだけなくしました……)、古いAirPodsの左耳用と充電ケースを持って東京・有楽町のアップルストアにアポなし来店したところ、約1時間待ちで右耳用の本体だけを購入できてしまった。対応してくれたスタッフに片方をなくしたことを伝えたところ、なくした翌日でも在庫があったと言う。最初から有楽町に来ていれば、2台持ちにならずに済んだわけだが、それはそれで仕方がない。

 さて、左右そろったAirPodsが2組になったので「実験」をしてみようと思い立ち、新旧それぞれのAirPodsを「iPhone」で使えるように設定した上で、イヤホン本体を片方ずつ入れ替えて使ってみた。

 まずは古いほうの充電ケースから左耳用、新しいほうから右耳用をそれぞれ取り出して装着。左耳用を充電ケースから取り出すとすぐに電源がオンになり、iPhone」に接続される。ところが、後から取り出した右耳用がiPhoneに接続されると、なんと左耳用から音が出なくなってしまった。Bluetoothの表示では両方とも接続されており、バッテリー状況は確認できるものの、イヤホンとしては認識されていないようだ。とはいえ、これはAirPodsのユーザーなら納得できる挙動だろう。

 充電ケースからイヤホン本体を取り出して何度か試しているうちに、どれとどれがペアなのか、そして新旧どっちなのかが分からなくなって焦った。そこで、新しいほうにはテープを貼って区別できるようにした。また、iPhoneで接続名を変更しておけば、画面上でも確認しやすい。それぞれ「朝輝の古いAirPods」「朝輝の新しいAirPods」と名前を付けた。

後から接続した右耳用が有効になると、左耳用の接続が無効になるため、右耳用しか音が出ない
[画像のクリックで拡大表示]
新しいAirPodsにテープを貼り、古いほうと区別できるようにした
[画像のクリックで拡大表示]
iPhone上でも区別できるように接続名を変更。画面を見ると、先に接続したはずの左耳用が認識されなくなったことが分かる
[画像のクリックで拡大表示]
NEXT ▶基準はイヤホン本体で、充電ケースは区別できない
<< Prev1234


記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る