ニュース本文


 内閣府が14日発表した2017年10?12月期の国内総生産(GDP)の伸び率は物価変動を除いた実質で前期比0.1%、年率換算で0.5%となり、8四半期連続のプラス成長となった。同じ基準で数値を遡ることができる1980年以降では、86年4?6月期から89年1?3月期まで12四半期連続で成長して以来、約28年ぶりの長さとなった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕



記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る