ニュース本文


 【ワシントン=黒見周平】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は12日、トランプ米大統領の顧問弁護士が2016年10月、トランプ氏と性的関係を持ったとされる元ポルノ女優に対し、口止め料として13万ドル(約1440万円)を支払ったと報じた。

 トランプ氏は当時、共和党候補として大統領選の終盤戦を戦っていたが、トランプ氏からわいせつな行為をされたとする女性の証言が相次ぎ、対応に苦慮していた。

 同紙によると、トランプ氏と女優は06年にゴルフトーナメントで知り合ったとされる。弁護士とホワイトハウスは同紙に対し、2人の関係を否定。女優も同じ弁護士を通じた声明で事実関係を否定したが、直接の取材には応じていないという。



記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る