ニュース本文


 では、5製品の着け心地をチェックしていこう。

接触冷感“最強”マスク

ダントツマスクール(小松マテーレ)

ポケット部に同社開発のインナー素材を水を含ませて入れると、さらに温度を下げる効果がある。ただし口元は湿っぽくなる。●価格/1650円(税込み・1枚入り)●サイズ/高さ8.5cm×幅17.5cm●素材/ナイロン、ポリウレタン●Q‐max値(W/平方センチメートル)/0.38
ポケット部に同社開発のインナー素材を水を含ませて入れると、さらに温度を下げる効果がある。ただし口元は湿っぽくなる。●価格/1650円(税込み・1枚入り)●サイズ/高さ8.5cm×幅17.5cm●素材/ナイロン、ポリウレタン●Q‐max値(W/平方センチメートル)/0.38
試してみた!
接触冷感素材の着け心地は? 夏マスク、主要12製品徹底検証(画像)
装着した時にヒヤッとする感覚が今回試したマスクの中でも最も強い。歩行中も吐息がマスク内で広がらず素早く排出され、口元の蒸れも温度上昇も軽減されていることを実感。シャリ感がある生地の肌触りも良好

 他にも、接触冷感機能をうたうマスクが続々と出ている。今回のマスクの中で、Q‐maxを開示していたのは、イデア「2層式 洗えるひんやり夏マスク」が0.271、ギャレリアインターナショナル「超冷感 コールドマスク」とコックス「ぴたマスク」が0.15だ。

 マスクは、口の前に僅かな空間があって、熱がこもりにくいという形がいい。この点で好印象だったのは、コックスのぴたマスクだ。本体と耳ひもが一体になった形状で、商品名の通り、口以外の部分が肌にぴたっと張り付く。接触冷感素材のため、接触した肌は少しひんやり感じることもポイントだ。ネット通販や全国のイオン系列の店舗で販売する。

肌に密着して呼吸しやすい

ぴたマスク(コックス)

マスクは顎のラインに密着。耳に掛ける部分は伸縮性がある。水色、ピンク、白、黒、グレーなど12色展開。子供用サイズもある。●価格/ 1320円(税込み・3枚入り)●サイズ/高さ13.5cm×幅18cm(大人用。幅は編集部で実測)●素材/ポリエステル、ポリウレタン●Q‐max値(W/平方センチメートル)/0.15
マスクは顎のラインに密着。耳に掛ける部分は伸縮性がある。水色、ピンク、白、黒、グレーなど12色展開。子供用サイズもある。●価格/ 1320円(税込み・3枚入り)●サイズ/高さ13.5cm×幅18cm(大人用。幅は編集部で実測)●素材/ポリエステル、ポリウレタン●Q‐max値(W/平方センチメートル)/0.15
試してみた!
接触冷感素材の着け心地は? 夏マスク、主要12製品徹底検証(画像)
口元に必要最小限の空間があり、呼吸しやすい。頬に生地が密着し、吐息がマスク内で拡散せず、すぐに放出されて歩行中も快適。だが、汗をかくと密着感があるぶん、布が肌に張り付く
ユニクロ・無印・ミズノ・AOKI…夏マスク、主要12製品徹底検証
キャッシュレス時代のワザあり財布8選


記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る