ニュース本文


夏向きマスクの主要12製品をテストする記事の後編。夏マスクのなかでも肌に触れるとひんやりと感じる接触冷感素材を使ったものが続々と出てきている。本当に涼しく使えるのだろうか? 後編は接触冷感マスクを実際に着けて、その使用感をテストした。

※日経トレンディ2020年8月号の記事を再構成

接触冷感のマスクは本当に涼しいのかテストした
接触冷感のマスクは本当に涼しいのかテストした

   夏のマスクが問題になるのは、前編でも言及したように、マスクのなかで温かい息がこもってしまい、熱中症のリスクが高まることだ。

 編集部では、こうした「夏マスク」を実際に入手・装着して試してみた。夏にマスクを着ける際の不満を取材や各種アンケートから考察し、「熱がこもらない」「蒸れにくい」「肌触りがいい」「適度なフィット感」「耳ひもで痛くならない」の5つの観点に注目。一定時間着け続けた感想を記す。なお、サンプルは1枚ずつしか入手できなかったため、筆者の個人的な印象になる。今回は、「熱がこもらない」対策として注目される「接触冷感素材」を使った以下の製品を紹介する。

 接触冷感素材とは、生地の形状により熱伝導率や熱拡散率を高めた素材。肌から生地にすぐ熱が移動して外に拡散するので、ひんやりと感じる。その強さは接触冷湿感評価値「Q‐max」で数値(単位はW/平方センチメートル)として示される。この数値が高いほど触って「冷たい」と感じやすい。

 Q‐maxの数値が0.38と高いのが、石川県の化学素材メーカー、小松マテーレが開発した「ダントツマスクール」だ。同社は、大手スポーツメーカーやアパレルの接触冷感素材をOEM生産してきた実績がある。今回はその技術を活用し、自社マスク生産に踏み切った。体感としても着けた時ひんやりし、生地の温度が上がらない感触が続いた。「現在、第2弾として、より息がしやすい新タイプのマスクも開発中」(小松マテーレ)と言う。

サーモカメラで測ってみた! 口元の温度はやや低くなる?

 接触冷感・涼感マスクは本当に涼しいのか。サーモグラフィーカメラを使い、実際マスクによって違いが出るのかを計測してみた。

 気温約32度の晴天の中、小松マテーレのダントツマスクールと一般的な不織布マスクとを比較。それぞれを着用し、30分後にマスクを取った直後の顔をサーモカメラで撮影して、主に口元付近の温度変化に着目した。濃紺色が34度と最も温度が低く、青色、緑色、黄色、オレンジ色、赤色の順番で温度が上がり、白は40度を示す設定とした。測定前は口元の温度は36・1度だった。

 その結果、口元周りの温度は、ダントツマスクールが35.8度、不織布マスクは37.2度だった。実際の装着感とも一致する結果だった。

気温約32度の中、日が当たる場所で、下記のマスクを順番に着けて30分間着座。マスクを外した瞬間をサーモグラフィーカメラで撮影し、口元の温度を比べた。写真は実験前の顔の温度分布
気温約32度の中、日が当たる場所で、下記のマスクを順番に着けて30分間着座。マスクを外した瞬間をサーモグラフィーカメラで撮影し、口元の温度を比べた。写真は実験前の顔の温度分布
一般的な不織布マスク
一般的な不織布マスク
3分を過ぎた頃から口の周囲が汗ばみ、15分でマスク内は汗だく状態に。30分後に撮影すると、口の周囲は温度が高いことを示す
ダントツマスクール(小松マテーレ)
ダントツマスクール(小松マテーレ)
汗の出方は不織布と大差なかったが、熱い吐息が滞留しない分、呼吸は楽に感じられた。サーモグラフィーでは、口の上下は不織布マスクより表面温度が低くなった
ユニクロ・無印・ミズノ・AOKI…夏マスク、主要12製品徹底検証
キャッシュレス時代のワザあり財布8選


記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る