ニュース本文


米シリコンバレーでラーメン自動販売機を手がけるスタートアップのYo-Kai Expressは2021年夏、日本に本格進出する。米サンフランシスコ国際空港や大学などに設置されている大型自販機に加え、個人がラーメンを月定額のサブスクリプション型で契約して楽しむための小型調理機器、コンビニエンスストアに設置するセルフサービス型を開発。さらに顧客まで搬送する間にラーメンを調理する自動運転の屋台など、幅広いラインアップを投入する考えだ。

Yo-Kai Expressの大型ラーメン自動販売機
Yo-Kai Expressの大型ラーメン自動販売機

 Yo-Kai Expressの創業者であるアンディ・リンCEO(最高経営責任者)が日経クロストレンドの取材に対して、日本市場の戦略を明らかにした。「日本は米国に次いで重視している市場であり、当社の開発するすべてのラインアップを展開していく考えだ」と述べた。

 Yo-Kaiというユニークなネーミングは、日本人にとってなじみのある「妖怪」が基になっている。同社の強みはラーメンサプライチェーンの垂直統合だ。自社で冷凍ラーメンの調理施設を運営し、それを独自開発の自動販売機で高圧のスチームをかけながら解凍、60秒以内で調理する。米国では空港や総合病院、大学、ホテル、企業の食堂などで約30台の自動販売機が稼働している。米テスラや米ネットフリックスなどの社内にも設置されているという。

 今回、日本市場に参入するにあたり、3タイプの新モデルを投入する計画だ。

小型調理器とセットでラーメンサブスク展開

個人向けのラーメン調理器「Takumi」
個人向けのラーメン調理器「Takumi」

 なかでも注目すべきは主に個人をターゲットにした「Takumi」である。月単位で契約して、冷凍ラーメンを届けるサブスク型のビジネスを想定している。「Takumi本体は249ドル(約2万7000円)から299ドル(約3万2400円)の価格帯を想定しているが、サブスクの注文量によってはTakumi本体を無料で提供することも考えている」(リンCEO)

Takumiに冷凍ラーメンをセットしてスタートすると、スチームを注入する棒が降りてくる。棒が上部のフィルムを突き破り、ラーメンの調理が始まる(画像のクリックで再生されます)

 顧客は受け取った冷凍ラーメンをTakumiにセットするだけで3分以内に調理が完了する。Takumiがラーメン容器にあるRFID(無線自動識別)タグから食材の種類の情報を読み取って、高圧スチームのかけ方や温度などの調理方法を自動で調節するのが特徴だ。「現在、約30種類のメニューを用意している。ラーメンやうどん、ベトナム料理のフォーやタイ料理、台湾料理や韓国料理などもある。パスタもできる。デザートも提供できる」(リンCEO)

 個人宅のほか、ホテルのロビーや客室、学生寮など様々な場所への売り込みを狙っている。2021年夏ごろから本格的に出荷を始める計画だ。

TakumiのオプションとしてIH調理器も提供予定
TakumiのオプションとしてIH調理器も提供予定

 TakumiはオプションとしてIH調理器を装着できる。これにより、今後増やす計画の牛丼やお好み焼きなどIH調理が必要なメニューにも対応可能になる。IH調理器単体としてフライパンなどを使って炒め物を調理することもできるという。

コンビニではセルフサービス型

コンビニエンスストアに設置することを想定した業務用の「Desktop」
コンビニエンスストアに設置することを想定した業務用の「Desktop」

 事業として大きく拡大する可能性があるのが、中型の「Desktop」だ。コンビニエンスストアに設置することを想定した業務用で、顧客がセルフサービスでラーメンなどを購入できる。

 使い方は次の通りで、ちょうどコンビニコーヒーのラーメン版というイメージだ。クレジットカードやICカードなどをかざして決済準備が完了すると、本体下部にある冷凍庫の扉が開く。そして、どのラーメンを取ったのかを容器のICタグで把握して課金する。日本で自動販売機としての認証を21年夏に取得する見通しで、それ以降に導入していく考えだ。

走りながら調理する自販機も投入

自走式のラーメン自販機「Yatai」。顧客への到着時刻を考慮して調理できる
自走式のラーメン自販機「Yatai」。顧客への到着時刻を考慮して調理できる

 そして、さらに注目されるのが、ラーメンを調理しながら走行できる自動運転型の屋台の構想だ。「Yatai」として設計デザインが完了しており、プロトタイプを作っている。こちらも21年夏にはプロトタイプでのテストを開始する予定だ。「顧客にデリバリーする際、到着までの所要時間と調理の時間を考慮して、熱々のラーメンがちょうど完成するように調整できる」(リンCEO)

 Yataiは人が乗らない自動運転車のようなものだ。「それぞれの国や自治体の規制をクリアする必要があり、現時点で導入時期を明言するのは難しい」(リンCEO)

 こうした背景から、まずは娯楽施設や大学キャンパスなどの私有地内での導入を想定している。時間帯などで異なる需要のある場所まで走行して移動し、販売できる。施設内を循環しながら、人の合図で止まって出来たてのラーメンを提供することも可能だ。

 Yo-Kaiはまず米サンフランシスコ近郊にある、カリフォルニア大学バークレー校(UCバークレー)でYataiの実証実験を始める予定だ。既にUCバークレーの周辺では公道を無人の小型デリバリーロボットが行き来しており、Yataiの公道走行も不可能ではなさそうだ。

「新オフィスは実験場」コクヨ社長が語る5000億円企業への新戦略
銀座の一等地に出店した「D2C文房具店」に女性が行列


記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る