ニュース本文


[香港/ロンドン 23日 ロイター] - 英金融大手HSBCホールディングスが発表した2020年通期決算は税引き前利益が34%減少した。HSBCは長期利益率目標を取り下げ、アジアの富裕層向け業務に重点を置く新たな戦略を発表した。

 英金融大手HSBCホールディングスが発表した2020年通期決算は税引き前利益が34%減少した。HSBCは長期利益率目標を取り下げ、アジアの富裕層向け業務に重点を置く新たな戦略を発表した。米ニューヨークで昨年10月撮影(2021年 ロイター/Carlo Allegri)

2020年の税引き前利益は87億8000万ドル。前年の133億5000万ドルから34%減少したが、HSBCがまとめたアナリストの予想平均(83億3000万ドル)は上回った。

HSBCは低金利環境と市場の厳しい状況を理由に、有形自己資本利益率の長期目標の10─12%を撤回し、代わって10%という中期目標を設定した。

1株=0.15ドルの配当を発表。2020年は新型コロナウイルス禍を受け、英大手銀行は配当や自社株買いが禁止されていた。

HSBCは従来のような四半期配当は取り止め、2022年以降は普通株1株利益に対し40─55%の配当性向を目指すと述べた。22年以降の配当は近年の水準をかなり下回ることになる。

技術部門など一部後方事務部門を大幅に縮小する。具体的な人員削減数は明らかにしなかった。2020年には1万1000人削減し、さらに削減する可能性を示唆している。

<アジアに集中、その他は縮小>

HSBCは新たな業務戦略でアジア重視の方針を示した。大中華圏を中心にアジアのウェルスマネジメント(WM)業務や国際ホールセール業務に向こう5年で約60億ドル追加投資する。

投資銀行業務では、資本や投資、社員の面で欧州・北米からアジアへリバランスを図るとした。

その他の不振業務については、1年あまり前から売却しようとしている仏リテール部門を巡り買い手候補を交渉に入っていると説明した。

昨年80の支店を閉鎖した米リテール部門については「オーガニック、非オーガニックな選択肢を模索している」とした。すでにロイターなどのメディアは、HSBCが米リテール業務から撤退しようとしていると報道している。

コロナ禍を受け、世界の主要企業は働き方の改革に乗り出している。HSBCは、決算発表後のアナリスト会見で、経費削減策の一環で長期的に世界全体でオフィスのスペースを半分程度に縮小し、出社する人を40%減らす計画を明らかにした。

*最終段落を追加しました。


記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る