ニュース本文


ウクライナは激戦地だった東部ドネツク州ソレダルから撤退したことを確認した。1月23日、 ソレダル近郊で撮影(2023年 ロイター/ Oleksandr Ratushniak/File Photo)

[キーウ(キエフ) 25日 ロイター] - ウクライナは25日、激戦地だった東部ドネツク州ソレダルから撤退したことを確認した。ロシア軍は約2週間前に「制圧」を発表していた。

国営放送によると、軍報道官は「軍人の命を守るためソレダルから撤退した」と述べた。この発言は、ロシア軍によるソレダル占領をウクライナ側が初めて確認したものとなった。

ソレダルの防衛線はロシア軍の後方戦線突破を防いだという。


記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る