ニュース本文


[5日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会は5日、決勝トーナメント1回戦の試合を行い、日本は前回大会準優勝のクロアチアにPK戦の末に敗れ、史上初のベスト8進出を逃した。

日本は前半43分、コーナーキック後の混戦から前田大然が先制点を挙げ、リードして試合を折り返したが、クロアチアも後半10分、イバン・ペリシッチがクロスに頭で合わせて追いつき、1─1のまま延長戦にもつれ込んだ。

延長戦でも互いに譲らずPK戦に突入すると、クロアチアはGKドミニク・リバコビッチが3人を止めて勝利をつかんだ。

日本は1次リーグで強豪のドイツ、スペインを破り、E組を1位通過していた。

*動画を付けて再送します。


記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る