ニュース本文


調査会社のセンティックスが5日発表した12月のユーロ圏投資家センチメント指数はマイナス21.0と、6月以来の高水準となった。パリ、デファンスのビジネス街、11月撮影。(2022年 ロイター/Christian Hartmann/File Photo)

[ベルリン 5日 ロイター] - 調査会社のセンティックスが5日発表した12月のユーロ圏投資家センチメント指数はマイナス21.0と、6月以来の高水準となった。暖冬と十分なガス貯蔵により、景気後退の可能性が低下するのではないかとの期待が背景。

市場予想はマイナス27.6。11月はマイナス30.9だった。

同社のマネジングディレクター、マンフレッド・ヒューブナー氏は「ガスの水準が驚くほど高く、労働市場も引き続き安定しており、景気後退と矛盾する」と述べた。

期待指数はマイナス32.3からマイナス22.0に上昇し、3月以来の高水準。

現況指数はマイナス29.5からマイナス20.0に上昇した。

ただ同氏は「当社の見解では、こうした判断の修正をトレンド全般の転換と誤解すべきではない。景気後退のリスクは決して回避できていない」と述べた。

調査は1268人の投資家を対象に今月1─3日に実施した。


記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る