ニュース本文


ECB理事会メンバーのナーゲル独連銀総裁とマクルーフ・アイルランド中銀総裁は、2月と3月に予想される2回の利上げ後、再び利上げが必要になっても驚かないとの見解を示した。昨年7月、フランクフルトで撮影(2023年 ロイター/Wolfgang Rattay/File Photo)

[ダブリン 25日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのナーゲル独連銀総裁とマクルーフ・アイルランド中銀総裁は25日、2月と3月に予想される2回の利上げ後、再び利上げが必要になっても驚かないとの見解を示した。

ECBは来週の理事会で、主要金利を0.5%ポイント引き上げ2.5%とすることをほぼ確約しているが、3月以降については理事会メンバー間で見解が大きく異なっている。

マクルーフ氏はアイルランド議会の委員会で、ユーロ圏のインフレ率は昨年12月に9.2%と、11月の10.1%から低下したものの、なお高すぎると指摘。「ECBは来週の理事会、および3月の理事会でも利上げを継続する必要がある」と述べた。

ナーゲル氏は独誌シュピーゲルとのインタビューで「われわれは2月と3月に再び金利を大幅に引き上げると表明した」と言明。その上で「今後2回の利上げ後も利上げを続けなければならないとしても驚かない」と述べた。

両氏とも、利上げがそこで止まることはないという点で意見が一致した。

一方、バスレ・スロベニア中銀総裁は25日、3月に0.5%ポイントの利上げを要請。オランダとスロバキアの中銀総裁に続き、3月のより大幅な動きに対して明確な支持を表明した。

これに対し、イタリアやギリシャの中銀総裁はより慎重な姿勢を示しており、市場は利上げ幅を巡り0.25%ポイントと0.5%ポイントの間で揺れ動いている。


記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る