ニュース本文


欧州連合(EU)統計局が5日発表した10月のユーロ圏小売売上高は前月比1.8%減少、前年同月比では2.7%減少した。ベルリンのモールで2014年撮影。(2022年 ロイター/Thomas Peter/File Photo)

[ブリュッセル 5日 ロイター] - 欧州連合(EU)統計局が5日発表した10月のユーロ圏小売売上高は前月比1.8%減少、前年同月比では2.7%減少した。ロイターがまとめたエコノミスト予想(前月比1.7%減・前年比2.6%減)以上の落ち込みとなった。

消費需要の一段の後退を示唆するもので、リセッション(景気後退)入りの前兆である可能性がある。欧州委員会は2022年第4・四半期と23年第1・四半期のマイナス成長を予想している。

売上高が前月比で最も減少したのは非食品で2.1%減。前年比では3.9%減少した食品・飲料・たばこが最も大幅なマイナスだった。


記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る