ニュース本文


米ホワイトハウスは、バイデン大統領がドイツ、フランス、イタリア、英国の首脳と電話会談を行い、ウクライナに対する支援で緊密に連携することを確認したと発表した。2011年6月、ワシントンで撮影された米国とドイツの国旗(2023年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン/ロンドン 25日 ロイター] - 米ホワイトハウスは25日、バイデン大統領がドイツ、フランス、イタリア、英国の首脳と電話会談を行い、ウクライナに対する支援で緊密に連携することを確認したと発表した。

この日はドイツが戦車「レオパルト2」をウクライナに供与すると発表。米国もウクライナに主力戦車「エイブラムス」31両を供与すると明らかにした。

英国のスナク首相は各国首脳との電話会談後に発表した声明で「ロシアが後手に回っていることは明らかで、国際パートナーはウクライナの永続的な平和の確保に向けた取り組みを加速させることができる」と述べた。


記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る