ニュース本文


5日のアジア市場で、ロシアが極東のコズミノ港から輸出する原油価格が、G7とEUが課した1バレル=60ドルの価格上限を約3割上回って取引されたことが分かった。今年9月撮影(2022年 ロイター/Dado Ruvic/Illustration)

[5日 ロイター] - 5日のアジア市場で、ロシアが極東のコズミノ港から輸出する原油価格が、主要7カ国(G7)と欧州連合(EU)が課した1バレル=60ドルの価格上限を約3割上回って取引されたことが分かった。

リフィニティブのデータと業界筋の推計によると、東シベリア太平洋(ESPO)パイプラインでコズミノに輸送されるESPOブレンド原油は1バレル=約79ドルだった。

ロシアは、アジア向けの主要輸出ルートであるESPOパイプラインを通じ、年間最大6500万トンのESPOブレンド原油を輸出。そのうち最大3500万トンがコズミノ港経由となっている。


記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る