ニュース本文


11月24日、スイスの金融大手クレディ・スイスは、既存投資家に1株当たり2.52スイスフラン(2.67ドル)で8億8900万株の新株を割り当てるとし、40億フランの増資計画の最終的な条件を確認した。写真はチューリヒのクレディ・スイス本店で2021年3月撮影(2022年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[チューリヒ 24日 ロイター] - スイスの金融大手クレディ・スイスは24日、既存投資家に1株当たり2.52スイスフラン(2.67ドル)で8億8900万株の新株を割り当てるとし、40億フランの増資計画の最終的な条件を確認した。

この増資計画は23日に開催した臨時株主総会で承認された。経営再建策の財源となる。

クレディ・スイスは株主割当増資により約22億4000万フランを調達する見込みだとした。

また、適格投資家に対して4億6200万株の新株を発行したことも確認した。サウジ・ナショナル・バンク(SNB)は3億0700万株を購入し、9.9%株式を保有する最大株主となる。

株主割当増資では25日時点の保有株式数に応じて新株予約権を付与する。

同社株は年初来59%値下がりしており、24日終値は3.551フランだった。

クレディ・スイスは23日、第4・四半期に最大で15億スイスフランの税引き前損失を計上するとの見通しを示した。


記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る