ニュース本文


6月28日 中国国家衛生健康委員会は28日、新型コロナウイルスの流行に伴い海外からの入国者に義務付けている隔離期間を短縮すると発表した。写真は2021年5月、北京首都国際空港で撮影。(2022年 ロイター/Tingshu Wang)

[北京/上海 28日 ロイター] - 中国国家衛生健康委員会は28日、新型コロナウイルスの流行に伴い海外からの入国者に義務付けている隔離期間を短縮すると発表した。

集中隔離期間を7日間、その後の自宅隔離期間を3日間とする。これまで集中隔離期間は14日間、自宅隔離期間は7日間だった。

新型コロナ陽性者の濃厚接触者に対する隔離義務も緩和された。

在中国の米英商工会議所などは、この決定を歓迎。英商議所はロイターに、ビジネス交流拡大と国際的な人材の流出に歯止めをかけることへの期待を示した。

欧州商議所は歓迎の一方で、全ての中国地方当局が緩和された新規則に従うかはわからないと慎重な見方を示した。


記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る