ニュース本文


>
ムニューシン米財務長官は15日、米経済は足元で大規模な財政赤字に対処できているものの、歳出が現在のように無限に伸び続けることは不可能という考えを示した。昨年10月撮影(2020年 ロイター/YURI GRIPAS)

[ワシントン 15日 ロイター] - ムニューシン米財務長官は15日、米経済は足元で大規模な財政赤字に対処できているものの、歳出が現在のように無限に伸び続けることは不可能という考えを示した。

長官はCNBCテレビのインタビューで「今のところ経済は赤字に対処できているが、将来的にこの政府支出の問題を見直す必要があることは間違いない。政府支出が現在のペースで拡大していくことは不可能だ」と語った。

財政赤字の原因は軍事費および非軍事費の拡大であり、トランプ政権の減税政策ではないと強調。軍事費の拡大はトランプ政権にとって譲れなかったが、議会と折り合いをつけるため、非軍事費の拡大も容認せざるを得なかったと説明した。また減税効果は10年間継続すると依然確信しているとした。

2019会計年度(19年9月まで)の財政収支は、赤字額が9840億ドルになり、前年度の7790億ドルから拡大して7年ぶりの高水準になった。税収が増える一方、歳出や国債の利払い費がかさんだ。赤字額は対国内総生産(GDP)比で4.6%と、前年度の3.8%から拡大した。



記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る