ニュース本文


27日、ドイツ・エルマウでのG7サミットにオンライン参加するウクライナのゼレンスキー大統領(中央の画面)(ゲッティ=共同)
27日、ドイツ・エルマウでのG7サミットにオンライン参加するウクライナのゼレンスキー大統領(中央の画面)(ゲッティ=共同)

【エルマウ(ドイツ南部)=三井美奈】エルマウで行われた先進7カ国首脳会議(G7サミット)は、ウクライナ侵攻が長期化する中、同国を「必要な限り」支える立場を確認し、ロシアに対する圧力強化で結束した。G7は、中国の覇権主義や人権侵害についても、連携して対抗する姿勢を打ち出した。

侵攻と同時並行の論議

サミット2日目の27日、G7首脳がアルプスを臨む城で論議しているさなかに、ウクライナのショッピングセンターがミサイル攻撃されたというニュースが飛び込んできた。ゼレンスキー大統領がオンライン参加し、首脳たちに「攻撃が激しくなっている」と訴えた直後だった。サミットは戦争と同時並行で進んだ。



記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る