ニュース本文


9月23日21時現在のひまわり雲画像
9月23日21時現在のひまわり雲画像

高知県・室戸岬の南の海上で23日朝、台風15号が発生した。西日本から東日本の太平洋側にかなり接近しながら東寄りに進む見通し。3連休は広範囲で非常に激しい雨が降る恐れがあり、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、氾濫に警戒を呼びかけた。前線が通過するため、北日本や東日本の日本海側でも大雨となる見込み。

23日は東海で大雨が降った。気象庁によると、静岡県と愛知県に線状降水帯が確認された。静岡県掛川市では1時間に98・5ミリの猛烈な雨を観測。他に三重県志摩市78・0ミリ、愛知県田原市73・0ミリなど。

台風は23日午後9時現在、和歌山県・潮岬の南東約120キロを時速約20キロで北東へ進んだ。中心気圧は1002ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。中心から半径185キロ以内は風速15メートル以上の強風域。25日朝までに関東の東で温帯低気圧に変わる見通し。



記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る