ニュース本文


 23日午後5時ごろ、神戸市中央区の神戸港中突堤で、神戸ベイクルーズの遊覧船「オーシャンプリンス」(全長29・8メートル、170トン、定員345人)が岸壁に衝突し、船首部分と岸壁の転落防止柵約5メートルが破損した。乗員乗客計19人のうち乗客2人が軽傷。神戸海上保安部が事故原因を詳しく調べている。

 同保安部によると、船は午後4時15分ごろに中突堤の浮桟橋を出港し、神戸港内を遊覧した後、同桟橋に戻ってきた。着桟しようとしたところ、前方の岸壁に船首から衝突した。

 神戸ベイクルーズによると、遊覧船は22日から運航を再開。オーシャンプリンスは23日は6回運航する予定だったが、5回目で事故が起き、運休した。



記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る