ニュース本文


ダケカンバの林の中の小道を進み、分岐から1キロほど歩いたころ、ガスが少しずつ晴れてきた。摩周湖を見下ろせるポイントだが、下はまだ見えない。さらに進むと、天候がどんどん回復し、ついに木立の間から神秘的な湖面が見え始めてきた。思わず布施明の「霧の摩周湖」を口ずさむ。ここでスマホは完全に充電切れ。電池もアウト。慎重に行くしかない。

「霧の摩周湖」がお目見え(写真:筆者撮影)

小鳥のさえずりと花に癒されながら30分ほど歩いてようやく摩周湖第一展望台に到着。売店で冷えたビールを購入。うまい!

第6ステージ:摩周湖第一展望台から釧網本線美留和駅(6.6キロ)

観光客でにぎわう展望台を後にして、釧網本線の美留和駅を目指す。コースの入り口近くに「熊出没注意」の看板。里山を下っていく。途中、きれいな小川が流れていて、蛙が石の上にじっとしている。下りが終わると林道に入る。草地にいたシカが、こちらに気づいて驚いて林の奥に逃げ込む。

林道の先にゲートが見えてきた。ゲートをくぐると、広大な農地が広がり、大型の作業車が羽を広げるようにしてスプリンクラーから何かを噴出している。水だろうか薬剤なのだろうか分からない。とにかく規模が大きすぎる。これが北海道の農業か。

やがて民家があらわれてきた。どこかの家の犬に吠えられながら、先を急ぐ。ついに舗道が出てきた。駅は近い。コンテナタイプの美留和駅に着いたのは17時50分。この日の活動時間はほぼ10時間、歩行距離は20.5キロだった。

以上が筆者のロングトレイル体験記である。かなりの強行軍で、荷物も多かったが、非日常感は表現しきれないものがあった。2泊3日の行程で自分自身と向き合い、体力と気力の限界に挑む貴重な体験となった。紹介した「北根室ランチウェイ」はルート設定を手掛けてきたメンバーの高齢化などで、残念ながら2020年に閉鎖となってしまったが、外国人を含め年間3000人ほどが訪れる人気トレイルだった。

普通にロングトレイルを楽しむのであれば、設定コースの一部を歩くだけで十分である。全国各地に整備されつつある絶景ルートを、好きな時季に気の合う仲間と気ままに楽しむ。それがアフターコロナのアウトドアの新しいスタイルになるかもしれない。もちろん無理は禁物。ただ入念な事前準備と慎重な行動を心がけて一歩を踏み出せば、その先には未知の魅力が待っている。


1 2 3 4 5


記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る