ニュース本文


シンガポールのオーバーシー・チャイニーズ銀行(OCBC)は、ドル・円が1ドル=145円から147円のレンジに入れば、日本銀行が円安に歯止めをかける可能性があると予想した。

シンガポール在勤の通貨ストラテジスト、クリストファー・ウォン氏は、「円相場への介入がどれほど成功するのかを巡って疑念があるものの、日銀が最後に円買い介入を複数回行ったのは20年以上前のことであることに留意するのは価値がある」と指摘した。

前回の日銀介入はアジア金融危機のさなかにあった1997年11月から98年6月に実施された。ウォン氏は98年4月と同年6月の介入では円が対ドルで3ー5%上昇したと指摘。影響は2ー5日程度続いたと付け加えた。

原題:

BOJ May Intervene if USD/JPY Falls Within 145-147 Range: OCBC(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Marcus Wong



記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る