ニュース本文


 華道家・假屋崎省吾さんによる生け花の特別展が、松江市八束町の日本庭園「由志園」で開かれ、来園者を楽しませている。3月31日まで。

会場に並ぶ假屋崎さんの作品(松江市で)
会場に並ぶ假屋崎さんの作品(松江市で)

 同企画展は11回目。「花札」をテーマに、赤や白など色鮮やかなボタン約150輪と、着色された流木などが組み合わされた作品24点が会場に並んでいる。

 ピンクのボタンを中心にした作品「牡丹に ちょう 」は、背景にピンクの流木を配した上、周囲にチョウのレプリカを羽ばたかせて華麗な雰囲気を際立たせており、来園者が足を止めて見入っていた。

 家族と訪れた鳥取市の女性(70)は「この時期には珍しい、ボタンを生かした作品を見ることができ、うれしかった」と話していた。

 入園料は大人1000円、小中高生500円。問い合わせは同園(0852・76・2255)。