ニュース本文


 経済産業省は28日、東京電力管内に出している「電力需給 逼迫ひっぱく 注意報」を29日も継続すると発表した。発令は3日連続。29日の電力需給はこの3日間で最も厳しくなると想定している。熱中症対策のためにエアコンは利用しつつ、午後3?8時の間、無理のない範囲での節電を要請した。

節電のため、一部が停止された東京都庁内のエレベーター(28日午後、東京都新宿区で)=早坂洋祐撮影
節電のため、一部が停止された東京都庁内のエレベーター(28日午後、東京都新宿区で)=早坂洋祐撮影

 注意報は、電力供給の余力を示す「予備率」の想定が5%を下回る場合に発令する。経産省によると、29日の予備率の見通し(28日午後4時時点)は午前9時半から午後6時まで、8時間以上も5%を下回る状態が続く。最も厳しい午後4時半?5時は3・5%となる。

ドライミストの下を歩くマスク姿の人たち(28日午後、東京都中央区で)=大金史典撮影
ドライミストの下を歩くマスク姿の人たち(28日午後、東京都中央区で)=大金史典撮影

 東京電力と中部電力が折半出資するJERAの姉崎火力発電所5号機(千葉県市原市、60万キロ・ワット)の稼働が30日にずれ込んだことも需給の逼迫に影響した。29日の稼働を目指していたが、補修作業に時間がかかっているという。

 東京電力パワーグリッドによると、29日は予想気温が高くなる一方、日照が28日より弱く、太陽光の発電量が低下する見込みだ。経産省の担当者は28日の記者会見で、「明日はかなり厳しい一日になると思う」と述べた。消費電力の大きい電気ポットや乾燥機の使用を控えるなど、できる範囲での協力を呼びかけた。

 萩生田経産相は28日の閣議後記者会見で「エアコンはしっかり使っていただき、無理のない範囲で節電、省エネへのご協力をお願いしたい」と述べた。

 2日前に発令する「需給逼迫準備情報」が出ていた北海道電力と東北電力については、注意報の発令を見送った。供給力の増加が見込まれることから、29日の予備率が5%を上回る見通しになったという。