ニュース本文


 コロナ禍、在宅時間の増加でテレビ番組の再放送が見直されている。「前に見た」「古くさい」とチャンネルを替えたくなる手をとめ、つい見入ってしまう人が少なからずいるのだ。昨年は、約20年前の連続ドラマが高視聴率を稼ぎ、SNSでも話題となった。視聴者に浸透してきた放送直後の見逃し視聴とは一線を画し、ドラマもドキュメンタリーも時代を切り取った秀作は、名作映画同様、いつの世も視聴者の心を打つようだ。

田村正和が名警部補を演じる「古畑任三郎」。日本映画専門チャンネルが再放送に取り組んでいる(C)共同テレビジョン
田村正和が名警部補を演じる「古畑任三郎」。日本映画専門チャンネルが再放送に取り組んでいる(C)共同テレビジョン



記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る