ニュース本文


 「こんなんじゃ話にならないんだよ」

 昨年12月上旬、首相官邸の執務室。菅義偉首相が発した怒声に、その場は凍り付いた。

 財務省主計局長の矢野康治は、脱炭素技術の研究・開発を支援する基金に1兆円を充てる案を主張したが、菅は倍増するよう迫った。「そんなことはできません」。かつて官房長官秘書官として菅に仕えた矢野が食い下がると、いらだった菅は説明資料を投げつけた。菅の意向通り、金額は2兆円に積み増された。

 官房長官時代も、菅が官僚をどなりつけることはあった。「自らの政策に反対するのであれば、異動してもらう」と公言もしていた。ただ、あくまで政権ナンバー2の立場であり、最終決定権者は安倍晋三首相だった。「首相の発言は重い。今は、誰も菅さんに反対できなくなっている」。安倍政権も知る政府関係者は語る。

 首相就任から16日で半年。「史上最強の官房長官」ともてはやされた菅は、首相という立場の難しさに苦悩している。新型コロナウイルス対策は「後手後手」と批判され、国民への説明不足も指摘されている。歴代3位の高さだった発足当初の内閣支持率(74%)は、一時は39%とほぼ半減した。

 「官房長官時代と比べて圧倒的に情報が入らなくなった」。菅は漏らす。

 官邸5階。首相執務室と長官執務室は20メートル強しか離れていない。だが、最高権力者の首相と官房長官の実際の距離は、限りなく遠いとされる。ある省の次官は指摘する。

 「首相執務室には『魔物』がすんでいる。自分が見えなくなる。そして、世論が見えなくなる」

 

残り:2048文字/全文:2702文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)