ニュース本文


 神戸市立王子動物園(灘区)は22日、コアラの「マイ」(雌、3歳)が死んだと発表した。飼育する6頭のうちの1頭で、園は23日からコアラ館に献花台を設ける。

死んだ「マイ」(王子動物園提供)
死んだ「マイ」(王子動物園提供)

 マイは2019年に同園で誕生。昨年5月に第1子の「シャイニー」(雌、1歳)を出産し、おなかや背中につかまらせて愛情深く育てる様子が人気を集めた。

 今月上旬に止まり木から落ちる脱力などの症状がみられ、治療をしていた。21日に死んだ後、卵巣に腫瘍が見つかった。シャイニーは既に親離れをしており、生育に支障はないという。同園のコアラは雌5頭となった。