ニュース本文


気象庁
気象庁

 気象庁は24日、前線を伴った低気圧の影響で、北日本から西日本で25日にかけて大雨が降る恐れがあると発表した。

 25日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで、北海道で180ミリ、九州北部地方で120ミリ、中国地方で100ミリの見込み。同庁は、土砂災害や低い土地の浸水、河川の氾濫などに警戒が必要だとしている。

 また、同庁は、東日本と西日本で25日にかけて落雷や竜巻などの激しい突風の恐れがあるとして、注意を呼びかけた。