ニュース本文


 九州から北陸までの梅雨明けが発表された28日、日本列島は高気圧に覆われて厳しい暑さとなり、午後5時までに今年最多の100地点で気温が35度以上の猛暑日を記録した。東京都心でも35・1度を観測し、4日連続で猛暑日を記録した。

厳しい暑さの中、マスク姿でドライミストの下を歩く人たち(28日午前、東京都中央区で)=大金史典撮影
厳しい暑さの中、マスク姿でドライミストの下を歩く人たち(28日午前、東京都中央区で)=大金史典撮影

 気象庁によると、午後5時40分までに山梨県甲州市で38・7度、岐阜県多治見市で37・9度、愛知県豊田市で37・8度を観測した。

 気象庁では熱中症など健康管理に注意するよう呼びかけており、気象庁と環境省は、山梨・福井・島根・徳島・愛媛・長崎・熊本・大分・鹿児島の各県と、沖縄県の沖縄本島地方に熱中症警戒アラートを発表した。

 気象庁によると、29日も東北南部から九州にかけ晴天となり、最高気温は前橋市や埼玉県熊谷市、秩父市で39度、宇都宮市や甲府市、兵庫県豊岡市で38度などと予想されている。