ニュース本文


林外相
林外相

 【ニューヨーク=阿部真司】日米豪印4か国の協力枠組み「クアッド」は23日午前(日本時間同日夜)、米ニューヨークで外相会談を開いた。4か国は軍事、経済両面で覇権主義的な行動を続ける中国を踏まえ、「自由で開かれたインド太平洋の推進に向けて協力を深める」ことで一致した。

 4か国は「現状を変更し、地域の緊張を高めようとする、あらゆる一方的な行動に反対する」ことも確認した。緊迫する台湾情勢などが念頭にあるとみられる。

 サイバー攻撃への対処に焦点を当てた共同声明も発表し、「重要インフラに対する悪意のあるサイバー活動に対して、互いに支援する責任を負っている」と連携を強化していく方針を決めた。

 4か国は来年の早い時期にインドで外相会談を開催することも確認した。