ニュース本文


 自然科学分野で優れた成果を上げた女性科学者に贈られる「猿橋賞」の第40回受賞者が23日、市川温子・京都大准教授(49)(素粒子物理学)に決まった。

 市川准教授は、素粒子「ニュートリノ」を使った実験で、宇宙の成り立ちの謎に迫る実験データを取得してきた。茨城県東海村の加速器施設で人工的に作ったニュートリノを、岐阜県飛騨市の装置で検出する実験を主導。12か国約500人からなる国際共同チームの代表を務める。実験データは、宇宙誕生初期の状況を明らかにする可能性があるという。

無断転載禁止


記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る