ニュース本文


福岡市役所
福岡市役所

 福岡市で5月に予定されている世界水泳選手権について、市は24日、国際水泳連盟(FINA)から延期の連絡を受けたと発表した。新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染拡大により、各国で予選会を開けないことが理由。大会は当初、2021年夏に計画されており、今回で2度目の延期となる。来年7月の開催を軸に調整が進んでいる。

体育の授業「屋内外ともマスク不要」…文科省が教育委員会に周知へ
新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」(国立感染症研究所提供)
新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」(国立感染症研究所提供)

 市によると、FINAと1、2週間前から、延期の協議を続けてきた。FINAの21日の理事会で延期が決まったと、市に22日未明、メールで連絡が寄せられたという。

 高島宗一郎市長は24日に記者会見し、「大変残念だが、やむを得ない。来年になれば海外からの観客も入れられるかもしれない」と述べた。市は仮設プールの設置工事などについて、継続するかどうか検討する。再延期に伴って新たに生じる経費に関しては「FINAに応分の費用負担を求めている」という。

 大会は東京五輪の1年延期を受け、当初予定の21年夏から今年5月13?29日に変更されていた。博多区のマリンメッセ福岡A館など4か所で競泳、飛び込み、水球などが行われ、約190か国・地域から約2400人が参加する予定だった。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース