ニュース本文


6回1死1塁、ポランコが同点2ランを放つ(捕手・古賀)(6日)=西孝高撮影
6回1死1塁、ポランコが同点2ランを放つ(捕手・古賀)(6日)=西孝高撮影

 巨人3―2ヤクルト(セ・リーグ=6日)――巨人は全打点を挙げたポランコの活躍で3連勝。六回の2ランで追いつき、八回の犠飛で勝ち越した。井納は移籍後初勝利。ヤクルトは散発4安打に終わった。

 広島6―5阪神(セ・リーグ=6日)――広島が今季6度目のサヨナラ勝ちで、連敗を7で止めた。3点を追う九回に安打に敵失も絡んで追い付くと、秋山が右前へ適時打。阪神は守備の乱れが痛かった。

 DeNA1―0中日(セ・リーグ=6日)――DeNAが投手戦を制し、今季5度目の4連勝で4月1日以来の貯金1。九回に牧の適時二塁打で試合を決めた。中日は好投の小笠原を打線が援護できず、4連敗。