ニュース本文


 【ロンドン=池田慶太、ワシントン=蒔田一彦】ウクライナ情勢を巡る緊張が高まる中、英外務省は24日、ウクライナの首都キエフにある大使館の一部職員とその家族を一時的に退避させると発表した。大使館業務は続ける。BBCによると、キエフで働く職員の約半数が英国に戻るという。

クアッド首脳、北朝鮮の非核化へ連携表明…中国を念頭に東・南シナ海情勢にも懸念

 米国務省は23日、在ウクライナ大使館の一部職員の自主退避を許可し、職員の家族に国外退避を命じた。ウクライナにいる米国市民にも直ちに出国を検討するよう促した。

 国務省高官は23日、記者団に「バイデン大統領が指摘しているように、ロシアによる侵攻はいつ起きてもおかしくない」との見方を示した。

 一方、ブリンケン国務長官は23日、米CBSのインタビューで、2月4日に開幕する北京冬季五輪が、ロシアのプーチン大統領によるウクライナ侵攻の決断に影響を与えるかどうか問われ、「そうは思わない」と述べた。プーチン氏は五輪開会式に出席する予定で、中国への外交的配慮から大会中は侵攻に踏み切らないとの観測がある。

ウクライナ侵攻、最新ニュースと分析