ニュース本文


 台風10号の影響で、大分県玖珠(くす)町の大谷渓谷で河川が増水して14日夕から男女18人が孤立し、同県の日田玖珠広域消防組合と県警が15日午前、全員を救助した。二次災害の恐れがあるとして、一時は救助活動を中断していた。

 同消防組合などによると、18人は生後5カ月から40代までの一行。車6台に分乗して佐賀県から訪れていたとみられる。14日午後4時半すぎ、「車が水没して動けなくなった」と助けを求める119番通報があった。通報者は「バーベキューに来た」と話していたという。

 消防と警察が救助に向かったが、現場がはっきりせず河川の水位も高かったことなどから、15日午前2時にいったん活動を中断。同日午前7時すぎから、40人態勢で救助活動を再開し、同日午前8時すぎに一行を発見した。一行は車から離れて小高い場所に逃れ、テントなどで雨をしのいでいた。同日朝には電話で連絡が取れており、全員命に別条はないという。

 気象庁によると、玖珠町では14日に57ミリの雨量を観測していた。



記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る