ニュース本文


 渦中の夫妻は、「捜査に支障を来す」との理由で、疑惑について何ら説明しなかった。公職選挙法違反容疑で関係先が家宅捜索を受けた河井案里参院議員と、夫で前法相の克行衆院議員が、15日夜に東京都内で突然会見を開いた。だが、ともに詳細を語ることを避け続けた。

 案里氏の陣営は、昨年7月の参院選で車上運動員に法定上限を超える報酬を支払った疑いが持たれている。克行氏は週刊文春が昨年10月30日にこうした疑惑を報じた直後に法相を辞任。この時、「今後、しっかりと調査をして説明責任を果たしたい」と述べた。だが夫妻は国会を欠席し、公の場での説明を避けてきた。

 15日夜、会見のわずか30分ほど前に報道各社へ会見の通知があった。

 午後10時、東京都内の衆院議…



記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る