ニュース本文


立憲民主党枝野幸男代表(発言録)

 新自由主義がもう時代遅れになった。産業革命以来の規格大量生産が単純に豊かさをもたらす時代が、時代遅れになった。したがって、所得の再分配やエッセンシャルワークの充実が、社会と経済の発展にとって決定的に重要性をもった時代に入り、そういう社会をつくっていきたい。

 象徴的に申し上げると、米国のバイデン大統領の就任演説を読み、私がずっと言ってきて、この本(=著書『枝野ビジョン』)にも書いた、ほぼ同じ方向性を大統領が言っている。時代が私に追いついたと喜んでいる段階だ。

 先日、法人税の最低税率についての国際合意ができた。このことなどが象徴的に表しているが、世界が私が本で書いたような方向に明確に転換を始めている。日本もそれに遅れてはいけない。この本に示した社会、経済をつくっていくことの重要性を痛感している。(日本外国特派員協会での会見で)



記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る