ニュース本文


 東京オリンピック(五輪)の開会式を終えた24日未明、選手や大会関係者らを輸送する車両基地として活用される築地市場跡地(東京都中央区)では、大型バスの出入りが続いた。

 市場の解体工事終了後、跡地は夜になると真っ暗だったが、多数の照明が設置され高速道路のサービスエリアのように煌々(こうこう)と輝く。長時間露光で撮影すると、停車したバスの間を移動するバスの光跡が伸びた。

 大会組織委員会によると、跡地には最大800台のバスが停車できるという。

 市場跡地は、7月上旬まで新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場として活用されていた。西畑志朗



記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る