ニュース本文


 衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZOは体を3D測定できるボディースーツ「ゾゾスーツ2」を活用し、プロスポーツ選手の体形の長期的測定を始める。データは選手の能力向上やケガの防止に役立てる。

 同事業は、ZOZOが千葉市をホームに新規発足したプロバスケットボールチーム「アルティーリ千葉」のブランドパートナーに就いたことがきっかけ。同社が一昨年に包括的連携協定を結んだ千葉大を交えた3者の共同で行う。データは千葉大整形外科やフロンティア医工学センターが分析する。

 ゾゾスーツ2は2018年に配布を始めた旧製品より計測用のマーカーを50倍の約2万個に増やすなど精度をアップさせた。画像から推測した3次元画像で体形の変化や体の微妙なゆがみの計測が可能だ。着用して動く様子を記録すれば、動作確認にも生かせる。ゾゾスーツ2を活用したプロスポーツチームとの協業は初めてという。

 ZOZOの担当者は「ゾゾスーツ2の新たな活用の可能性が広がることを期待するとともに、地元千葉を盛り上げることにもつなげていきたい」と話す。(重政紀元)



記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る