ニュース本文


 選手村に入るため、ボクシング男子ミドル級の森脇唯人(ゆいと)(24)は18日夜、都内の実家を出た。玄関先で母・友美(ともみ)さん(44)とグータッチ。高校の時から変わらぬ、試合前の儀式だ。

 照れる様子もなく、言う。「周りからマザコンって言われるけど、僕もそこは否定しないっす」

 普段は所属先での練習を終えると、母に電話やメールで連絡をとる。「今週は糖質減らして」「今日はとんかつが食いたい」。仕事帰りの母がスーパーに寄り、ネットなどを見ながらリクエストした料理を作ってくれる。

 「めちゃめちゃうまいっすよ」。料理の写真を「ママ飯」と題し、自身のSNSに投稿している。自分を信じて、ずっと支えてくれる「ママ」が、大好きだ。

 部活に入らず、授業中も居眠りばかりしていた中学時代。3年時の担任、松本洋平教諭(38)は「エネルギーの使い道を見つけられず、もんもんとしていた」。成績は「オール1」。母は何度も学校に呼び出された。

 中学3年生の時、同じ都立高…

この記事は有料会員記事です。残り653文字有料会員になると続きをお読みいただけます。


記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る