ニュース本文


 新型コロナウイルスのワクチンを接種した従業員に対し、手当を支払う店や企業が増えている。感染が下火になり飲食店などで働き手が不足するなか、求職者を引きつけるアピール材料になっている。ただ、接種に慎重な人への影響を懸念する声も出ている。

 ワクチン2度接種なら、午後10時以降の時給を100円アップ。勤務3カ月後に1万円支給――。つけ麺専門店「三ツ矢堂製麺」池袋サンシャイン60通り店(東京都豊島区)は10月末から、通常より好待遇をうたい、求人情報サイトでスタッフを募集した。

 同店を含む13店舗を国内で営むインターナショナル・ダイニング・コーポレーションによると、コロナ禍に伴う営業時間の制約などで、各店の従業員数はコロナ前の7割ほどに減った。中村清彦社長(49)は、「店を開けたくてもスタッフが足りない。早急に雇い入れたかった」と狙いを話す。

 人手不足は飲食業界に広く及ぶ。バイトルなど求人情報サイトを運営するディップによると、飲食系の11月第3週の求人件数は、8月第1週の1・92倍に増加。こうした状況を受け、ワクチン手当の支給を掲げる求人も10月上旬の2万件から、15万件(19日時点)へと大幅に増えた。

変わった「手当」の意味

 同社の担当者は「幅広い世代…

この記事は有料会員記事です。残り1106文字有料会員になると続きをお読みいただけます。


記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る