ニュース本文


 世界陸連は25日、今夏に開催された東京オリンピック(五輪)期間中に、陸上選手らがSNS上で受けた誹謗(ひぼう)中傷の調査結果を発表した。

 調査は問題の実態を把握することを目的とし、開会式の1週間ほど前となった7月15日から閉幕した後の8月9日まで実施した。

 東京大会に関係する現役選手やOBら、200人の中から選んだ161人のツイッターアカウントを対象に24万707の投稿を分析したところ、132件の誹謗中傷が確認されたという。

 うち115件が女子選手に対するもので、全体の約87%だった。被害にあった選手らは23人いたという。

 内容は性差別が最多の29%で、人種差別が26%。ほかにも同性愛やトランスジェンダーに対する差別的な言葉も飛び交った。証拠のないドーピング疑惑も25%あったと指摘している。

 世界陸連のセバスチャン・コ…

この記事は会員記事です。残り329文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。


記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る