ニュース本文


 28日、高校野球北北海道大会十勝地区Cブロック2回戦、帯広柏葉3―4白樺学園

 昨夏の初戦と同じカード。帯広柏葉は、昨夏の雪辱に燃える白樺学園に4点を先制されたが、三回以降はエース奥野翔真投手(3年)が緩急をつけた投球で無安打に押さえ、野手も随所で好守備を見せた。

 特にベンチが盛り上がったのが4点を追う六回の攻撃。先頭の千葉太陽主将(3年)の中前打を皮切りに安打を重ね、相手守備の乱れもついて3点を返した。七、九回にも得点圏に走者を進めたが、あと一打が出なかった。

 試合後、選手たちは口々に「楽しかった」と語った。千葉主将は「重視していた打撃の力が出せた。悔しさが残るけど、本当に楽しく試合ができた」。近藤慶紀選手(同)は「最高の仲間と最高の相手との楽しい試合ができて悔いはない」。奥野投手も「記憶に残るいい試合だった」とすっきりした表情だった。

 3年生8人が引退すると、1、2年生だけでは9人はそろわない。新チームは部員集めから始まる。千葉主将は伝えたいことがある。「少人数でも野球に打ち込める。楽しく野球を続けていれば、今日のように楽しい試合ができる」(中沢滋人)



記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る