ニュース本文


 東芝が28日に開いた定時株主総会で、「物言う株主」とされる海外投資ファンドの幹部2人を含む取締役13人が決まった。総会後に綿引万里子社外取締役(元名古屋高裁長官)が辞任を申し出て、取締役会で承認された。綿引氏は2人の人事に「公平性を欠く」などとして反対していた。総会当日の辞任は極めて異例で、経営体制が安定していないことを印象づけた。

 東芝は、ファンドなどに買収してもらい株式上場をやめることを検討している。物言う株主の一部は、高値で株を買い取ってもらえる非上場化を望んでいると見られている。綿引氏の辞任で経営陣におけるファンドの存在感が強まり、非上場化の流れが加速する可能性がある。

 経営陣には2019年にファンド側の推薦で入ったとされる社外取締役が4人いる。いずれも今回の株主総会で再任された。ファンド幹部2人と合わせ、綿引氏をのぞく取締役12人のうち計6人がファンド側と関係があることになった。

 綿引氏は2人の人事案をめぐ…

この記事は有料会員記事です。残り707文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら



記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る