ニュース本文


 岸田文雄首相は28日、ドイツ南部エルマウで行われていた主要7カ国首脳会議(G7サミット)の閉幕後に記者会見し、「最前線で戦うウクライナを引き続き強力に支援していくことで一致した」と述べた。

 首相はウクライナをめぐり、「国際社会が結束して対応するため、各国に丁寧に働きかけていくことが重要だ」とも強調。8月下旬にチュニジアで開催予定の第8回アフリカ開発会議(TICAD8)などの機会を捉え、「我が国にしかできない取り組みを全力で進めていく」と述べた。

 またロシアへの追加制裁として、?会計や信託、コンサルティング業務などロシア向け一部サービスの提供禁止?金の輸入禁止?ロシアの約70の個人・団体の資産凍結措置の拡大?ロシアの軍事関連団体への輸出禁止の拡大――に踏み切る考えも改めて示した。



記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る