ニュース本文


 サミーは6月27日、NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)サービスを企画、開発、運営する「株式会社O-DEN(オデン)」を3月31日に設立したと発表した。

 
 

 KADOKAWA、グッドスマイルカンパニー、ウルトラスーパーピクチャーズの4社共同の設立で、出資比率はサミーが68%、残りの3社が10%ずつ出資する。資本金は2億5000万円で、サミーで取締役を務める?村憲一氏が代表取締役社長を務める。

 サミーでは、ブロックチェーン上で発行される唯一無二のデジタルトークン(証票)となるNFTは、Web2.0の世界で困難だったデータが唯一無二であることの証明、所有権の主張を可能にし、各個人が保有するデータを管理するWeb3.0の世界への移行を加速度的に促進できるものになると捉えているという。

 出版、映像を中心にIPコンテンツを持つKADOKAWAと、さまざまなクリエーターを支援するグッドスマイルカンパニー、アニメーション制作スタジオを数多く傘下に持つウルトラスーパーピクチャーズ、アニメや漫画を原作とする遊技機を手がけるとともにNFTサービスにもチャレンジするサミーの4社が協力するO-DENを通じて、NFTの可能性、将来性を最大限に活用したサービスを展開し、Web3.0の世界に備える。

 NFTサービスを通じて日本の誇れるIPコンテンツの更なる価値創造を実現し、世界中の人へと感動体験の提供に挑戦するとしている。



記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る